【ピクミンブルーム】徒歩、ランニング、自転車のどれが歩数稼ぎや花植えに有利か?

タイトルのとおりです。

徒歩、ジョギング、ランニング、自転車のどれが歩数稼ぎ、花植えに最も便利かを定量的に調べます。

 

なお、検証時の条件は

  1. 花植え時の隊列数は、最大の40匹とする
  2. 自転車の歩数は、スマホを腰の横のポケットに入れた場合の値
  3. 各移動手段について計測した値は、信号や人回避、中断をはさんでいないときの値

であったため、信号があったり、人通りの多い道では実験結果の表より少なく見積もった方がいいです。

 

また各駅停車の値は、電波が入らない地下鉄ではなく、2-3分に1回停車するものとします。電車は停車前後しか花植えできません。

    1時間あたりの歩数、花植え本数、時速など

    👟歩数/h 🌸花植え本数/h 時速 [km/h] 歩幅 🌸本数/🌸消費
    徒歩 6600 6000 5.0 75cm 17
    ジョギング 7500 8200 6.8 90cm 23
    ランニング 9800 13300 11.0 110cm 36
    🚲自転車 5000 16500 13.7 270cm 45
    🚃各駅停車 0 3800 45.0 11

     

    ※ 🌸本数/🌸消費 = 花びら1枚当たりの花植え本数

    花植え本数と花びら消費について

    一般に、

    • 1kmあたりの花植え本数は、移動手段にかかわらず 200 ×(隊列の十の位+2)
    • 1時間あたりの花植え本数は、200 ×(移動時速)×(隊列の十の位+2)
    • 1時間あたりの花びらの消費は移動手段にかかわらず 60 ×(隊列の十の位+2)枚、
      1分あたり隊列の十の位+2)枚

    となります。

     

    隊列数ごとの花植え本数について

    表の花植え本数は隊列が40匹のものなので、🌸花植え本数/hの項目は、表の花植え本数に(隊列の十の位+2)/ 6 をかければ任意の隊列数のときの花植え本数に変換できます。

    (※花びら1枚当たりの花植え本数、🌸本数/🌸消費 の項は隊列数にかかわらず一定です)

     

    歩幅について
    • 徒歩の歩幅:身長×0.45 [cm]
    • ジョギング:身長×0.55 [cm]
    • ランニング:身長×0.65 [cm]

    くらいだと言われています。

     

    1kmあたりの歩数、花植え本数

    👟歩数/km 🌸花植え本数/km 🌸花植え/👟歩数
    徒歩 1300 1200 0.9
    ジョギング 1100 1200 1.1
    ランニング 900 1200 1.3
    🚲自転車 370 1200 3.2

     

    ※ 🌸花植え/👟歩数 = 1歩あたりの花植え本数

     

    一定距離あたりの歩数は移動方法で大きく差がつくものの、花植え本数は移動距離に比例するので、花植えだけなら自転車が便利です。

    🌸の項目については、表の花植え本数に(隊列の十の位+2)/ 6 をかければ任意の隊列数の場合に変換できます。

     

    まとめ

    • 🌸花植え本数は移動距離(&速度、隊列数の10の位+2)に比例する
    • そのため、1番速度を出しやすい自転車が有利。自転車だと徒歩の約2.5倍程度稼げる
    • 同じ移動時間なら、👟歩数はランニングが1番有利。自転車は徒歩の75%程度にとどまる
    • 同じ移動距離なら、👟歩数は徒歩が一番多く、自転車は徒歩の30%程度とかなり不利
    • 花植え枚数から移動した距離を逆算可能。さらにそこから平均時速も求められる
    • 🌸花植え/👟歩数も移動手段ごとに相場があるので、互いに逆算可能

     

    補足:その他の移動手段の計測方法について
    1. 花植えをいったん終了し、ホーム画面(歩数が上に表示される画面)を見て歩数を反映
    2. 特定の移動手段を利用すると同時に花植えスタート
    3. 途中でホーム画面は一切見ない
    4. その移動手段が終了するか、または十分な時間がたったら花植え終了
    5. 花植え終了時の花植え本数と、花植え時間を記憶する
    6. ホーム画面を見ると、右上に「+3000👣」などと出るのでその値を記憶する(反映にタイムラグがある可能性もあるので注意)
    7. それらを1時間など、所望の単位時間に換算すれば計測完了

     

    ※この方法を利用するには、レベルアップの「累計○○歩歩こう」のお題が未達である必要があるかもしれません。達成済みなら、歩数の差から求めた方が無難です。

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました