パワポケ12 ステータス+30前後の虹色の腕輪まとめ

筆者はパワポケ12の虹色の腕輪を粘って粘って粘りまくっており、その結果とんでもないものを合成してしまうことがあります。

 

本記事では、強い虹色の腕輪を粘るための乱数のうち、ステータス上昇幅が特に大きい(+30前後)ものを8つ紹介します。

 

サンプル画像を先に示すと例えばこんな感じです。

 

早速乱数調整方法を紹介します。

起動時間と乱数消費回数および結果

()内のステータス変化は、(体力、力、器用、素早さ、精神)の順番です。

起動時間 乱数消費回数 ステータス変化 その他の付加能力
11:27:10 148124 (0, 9,10,10, 0)
13:12:55 180423 (0,10,10, 0, 9)
11:56:16 1948 (0,10, 0, 9,10)
20:23:21 2560 (0, 0,10, 9,10)
3:51:04 159901 (0, 8,10, 3, 6)
16:57:23 43218 (0, 8, 3, 9,10)
21:11:22 153686 (0, 9, 8, 3,10)
23:23:06 54514 (0,10, 9, 7, 6) 耐火+12

 

最初4つは3種類のステータス大幅アップ系。

最後のものは総ステータス+32という驚異の虹色。

乱数消費方法

パワポケ12で乱数消費をする主な行動や方法は、以下の通りです。

ゲーム内の行動 消費回数 備考
オート命名1回 1 1秒に5回出来る。直前と同じ名前の場合は、違う名前になるまで消費する。この場合は2以上
電脳野球編デモ 207 正確には、デモを見るためにタイトル画面を経るところでの1回を含めて207回消費
タイトル画面 1 パワプロクンポケット~という画面に戻った場合もタイトル画面を経るので1回消費
秘密結社編を再開 約5-30 セーブデータによって違う。この値をオフセットという。調べ方は12裏 乱数
ペナントのデータ新規作成 約11600 大量に乱数を消費したい場合に。回によって結構ブレる。データ消去時は下と同じ
ペナント「つづき」→「このファイルではじめますか?」→Bで戻る 約10500 驚異の回転率を誇る

 

オフセットの調べ方は外部サイト(12裏 乱数)に任せますが、起動時間の解釈の仕方が本サイトと違うことに注意してください。本サイトはDS初代かLiteでパワプロクンポケット12でAを押す瞬間、外部サイトはAを押して1秒後のソフト起動時間となっています。

 

今どれくらい乱数を消費しているかを観測する乱数シミュレータ、というより乱数観測器についてはこちらの記事をご覧ください:【改良版】パワポケの内部乱数観測器をPythonで実装してみた

虹色の腕輪合成の原理

23:23:06起動、54514回消費のものの例で説明します。

 

54514回消費の直後、MP判定の値が0.02(2%)以下ならMP。

 

次の3つはステータス3×3の種類を決めます。0-1まで、0.2刻みで小さい方から体力、力、器用、素早さ、精神。

なお、ここでステータスの「種類数」が2以下になることが非常に望ましいです。

全部違うステータスで3種類だと、緑枠の追加ボーナスの数が2個に減ってしまいます

 

その直後の空欄は、次の緑枠の数などをチェックするときに消費する乱数だと思います。

ここではあまり気にせず、1個飛ぶくらいに覚えておけばいいでしょう。

 

緑枠は追加ボーナス判定。上のステータス3×3の種類数が2以下でかつMPなら、最低3個はつきます。運が良ければ4個。

なお、緑枠の大きさは付加内容(下の1)によって異なります。緑枠の大きさは(下の1で)ステータスアップだと5、属性耐性だと6、スキル付加だと7であることが濃厚です。

 

緑枠は下の4つの内容で構成されます。

1:付加内容

ステータスアップか、属性耐性か、スキル付加かを決定。0.4以下ならステータスアップがおそらく確定っぽく、それ以外でもステータスアップになることがあります。1に近いとスキルか(未確定)

2:ステータス種類決め等

1でステータスアップが選ばれた場合、これが0-0.5→HP。0.5以上なら0.1刻みごとに小さい方から体力、力、器用、素早さ、精神アップになります。

3:アップ幅決め

ここでは2つの乱数を使って2で決まったステータスがどれだけアップするかを決めます。2つの乱数の和が大きいほどアップ幅が大きいです。

4:次の追加ボーナスがあるかどうか判定

この値が小さいと、次の緑枠が用意されてさらに別の追加ボーナスがつきます。最高4個。

なお、MPの場合は必ず3つはつくので2つ目の緑枠まではどのような値でも必ず次の緑枠ができます。(ステータス3×3でバラバラの3種類になってしまった場合は除く)

MPの場合は3つ目の緑枠でのこれが小さい(図だと0.06)と、4つ目の枠が用意されるっぽいです。

(他の値でも出るときはあるが未確定)

 

最後に

虹色の腕輪の合成原理としては以上ですが、他の装備だとステータス3×3の乱数3個分が4つ(武器の場合)、2つ(古代樹の靴、帽子、兜)になるだけです。

空欄はそのままです。

 

簡単でしょ?

 

参考サイトとしては:12裏 合成をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました