スポンサーリンク
パワポケ12

パワポケ12 効率よく能力を下げるためにわざと重いケガをする乱数例

パワポケ12では、野手能力を下げて最弱野手を作って野球部分の検証に役立てたり球速の遅い投手を作ったりすることができます。 本記事では、パワポケ12で一番重いケガ「骨にヒビが入ったみたいだ・・・」を意図的に起こす乱数シードを紹介...
パワポケ10

パワポケ10 乱数を使った裏サクセスでの高性能武器の粘り方

パワポケ10の裏サクセス バトルディッガー編では乱数調整によって意図的に高性能な武器を粘ることが、【最新版】パワポケ10 バトルディッガー編で総合的に強い武器を出す乱数シードとやり方という記事にあるように可能です。 本記事では...
パワポケ乱数

【最新版】パワポケシリーズの良い乱数列をサーチする探索器をPythonで実装してみた

この記事では、パワポケシリーズの乱数列で合計値ができるだけ大きくなるような部分列を「実用上は」十分な速度で探索することを可能とするPythonプログラムを公開し、その解説を行います。 なお、本記事のプログラムは、パワポケ10裏...
英検1級

英検1級の面接前日にやるべきだと思うことをまとめてみた

筆者は英検準2級から1級までの面接すべてに1回目で合格をしており、面接前日の過ごし方は当日のパフォーマンス最大化のためには大切なことだと思っております。 本記事では、僕が2019年11月の英検1級の面接の前日にやったこと、心掛...
パワポケ10

パワポケ10 バトルディッガー編で総合的に強い武器を出す乱数シードとやり方

パワポケ10のバトルディッガー編では、ゲーム起動時間とゲーム内の行動(≒乱数消費回数)を同一にすることで、遺跡内の武器を所望の性能にすることができます。 本記事では、その具体的な方法とそれによって得られる高性能の武器のパラメー...
パワポケ乱数

【改良版】パワポケの内部乱数観測器をPythonで実装してみた

パワポケシリーズは起動時間(時間:分:秒)をもとにした初期乱数シードから、古典的な線形合同で次の乱数を生成します。 そのため、起動時間とゲーム内の行動(というより乱数消費回数)が同じならば常に乱数消費によって起こるランダムイベントの内...
パワポケ10

パワポケ10 バトルディッガー編 レッドドラゴンの1章チャート例

本記事では、パワポケ10 バトルディッガー編でレッドドラゴン選択時に全員を仲間にしつつ武器粘りを行うスケジュール例を、使える乱数シードとともに紹介します。 なお、ここで最初に選ぶ仲間は、ラセツを仮定しています。 1章で必ず済...
パワポケ10

パワポケ10 オリジナル変化球の改良内容を乱数調整する方法

パワポケシリーズにはオリジナル変化球が存在し、それにはスピード、ヨコ変化、タテ変化、キレ、ノビの5種類のパラメータが存在します。 オリジナル変化球をよりオリジナルかつ強いものにするためには、これらのパラメータを効率よく、狙ってアップし...
パワポケ10

パワポケ10 バトルディッガー編の主要武器の基礎能力値まとめ

パワポケ10のバトルディッガー編では、1章の遺跡探索で武器を拾うことがあります。 遺跡で拾う武器は店に売っているものよりも基本的に強いですが、その性能にはばらつきがあります。 本記事では、その武器の基礎能力およびそれらの...
英検1級

英検1級の面接体験記および感想

本記事では、TOEIC 950、英検1級を取っている筆者が英検1級の面接に1発で合格した体験を書きます。 受験のきっかけや1次試験の成績 本題ではないですが、面接に挑むまでの純粋な実力ということで書きます。本題が読みたい人は次に飛んでく...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました